--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.15
Mon
 新たに実施されることになった新国立競技場の設計、建設業者のコンペの参加受付が、9月18日締め切られるということだが、今回の公募は、設計と施工一体で募る方式のため、参加に意欲がある建築家でも、実際に組む建設業者が見つからず、苦慮していると報道されている。

 「二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場の事業者の公募で、建築家の間で『応募したくてもできない』という不満が広がっている。今回は設計と施工を一体で募る方式で、ゼネコンと組まなければ応募できないからだ」 (2015年9月13日、東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015091302000135.html

 白紙撤回の元になった、競技場に巨大な橋を架けるような、奇をてらったデザインではなく、日本で開催されるオリンピック・パラリンピックに相応しいスタジアム、周囲の環境、景観と調和したスタジアムが選ばれることを望みたいものである。

 ところで、東京オリンピック開催の理念の一つに、東日本大震災からの復興があったはずだ。解体された国立競技場の聖火台が被災地の宮城県石巻市に貸与され、復興の象徴として市内に設置されたという話題があったものの、震災からの復興と結び付くものが、オリンピック開催準備の中から、他にほとんど見られない。

 見直しされる新国立競技場のデザインだが、2012年の国際デザイン・コンクールにも応募された建築家・伊東豊雄氏は、東日本大震災以後、復興のために建築家ができることは何なのか、建築とは何なのかを真摯に問い、被災地と向き合い、「みんなの家」建設プロジェクトに取り組まれている。

 不自由な仮設住宅暮らしを強いられている人々が、集まり、憩える空間、「みんなの家」を被災地各地に11軒作られている。 (2014年9月まで)

 震災からの復興に真摯に取り組み、実践されている建築家である。

 また、伊東氏は、スタジアムの設計にも多く関わっており、台湾・高雄市では、周囲の公園と一体になった開放的なスタジアムを造っている。
 前回の国際デザイン・コンクールの際の案では、周辺環境との調和を考慮し、スタジアムの高さは50メートルに抑えられ、天井には太陽光パネルを設置するなど、省エネに配慮され、維持費の軽減も計っていた。さらにピッチの芝の育成とアスリートが競技しやすいように、十分に大きい開口の屋根を設置していた。
 また、伊東氏が、1997年、秋田県大館市に造った「大館樹海ドーム」は、ドームの屋根に25000本の秋田杉を使っており、国内最大の木造建築と言われる。

 伊東豊雄氏なら、スタジアムとは何かを真に見つめ、ランドマーク的なデザインに走ることなく、街に調和したスタジアム、日本らしさを取り入れたスタジアムを造るに違いないと思う。

 東京オリンピック開催の理念の一つ、東日本大震災からの復興をアピールするうえでも、復興への取り組みを真摯に実践された、伊東豊雄氏が新国立競技場の設計者に相応しいと考えます。



関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。